ホーニングでパイプを研磨【職人仕上げのビューティーパイプ】

工場

用途に合った製法

ワーカー

プラスチック素材の中でも透明度が抜群に高いアクリル板は、硬さも軽量性も兼ね揃えた万能な素材となっています。そのため、多くの企業が注目しており、アクリル板を用いた自社商品の販売をしています。例えば、カードケースやポスターパネル、看板の面板など様々で生活の一部ともなりつつある素材となっています。そんなアクリル板を販売している業者は、アクリルの構造を理解しており、使用用途に合わせた加工をしてくれます。板状だけでなく、パイプ型や丸棒などの形状に変えてくれるので、どのような企業もアクリルを使用することが出来ます。

アクリル板には2つの製法があり、それぞれメリットとデメリットを持っているので、アクリル板の購入を考えている企業は違いを知っておきましょう。多種少生産となるセルキャスト製法は、サイズが大きく厚みにバリエーションがあるので、大きな物に使用するのに適しています。また、カラーバリエーションも豊富となっているので、独自性のある商品に仕上げることが出来ます。逆に、少品種多生産となる押出製法は接着しやすい製法となっており、値段が安いので大量生産に向いています。このように、アクリル版と一言で言っても製法に違いがあるので、事前に調べてから購入するようにしましょう。もし、自分達で調べるのが難しければ、アクリル版を販売している業者に直接連絡して聞いてみるとよいでしょう。丁寧に分かりやすく説明してくれるので、メリットとデメリットを詳しく知ることが出来ます。